ベネルクスのレンガ 最終夜

Benelux Brick - ベネルクスのレンガAll Rights Reserved.

わずか一日、わずか24時間。

そのわずかな時間に強まったり、弱まったり、あたらしくうまれたり、
失われたり・・・

ベネルクスのレンガ 第四夜All Rights Reserved.

23:51分。店のダウンライトが消え珪藻土ウォールのブラケットランプだけになった。

“Ballad Of The Sad Young Men”

9分弱のこの曲が終わると日付線をこえる。

ベネルクスのレンガ 第五夜All Rights Reserved.

毎夜、このソウルを聞いていたが飽きることはなかった。きっと、Arthur Edward Pepper, Jr.、 がサンタモニカに向かう10号線を走るカーラジオから聞いたときの衝撃をライニングノーツしていたからだと思う。

ベネルクスのレンガ 第三夜All Rights Reserved.

路線バスを降りると波長の短い光がハウスの屋根に隠れそうになっていた。
数十枚の12×16インチプリントを彼女に見せた。

「これいいね、こういうの好き」

いつもそうだった。いつも迷いなく選んだ。
ぼくにはそうみえた。

s-01-01All Rights Reserved.
よろこびもかなしみも写真から。
はじまりはベネルクスから。
Benelux Brick, First post 2010/12/27