潮風ハウスのトーテンポール

潮風ハウスのトーテンポールAll Rights Reserved.
潮風ハウスのトーテンポールAll Rights Reserved.
潮風ハウスのトーテンポールAll Rights Reserved.
潮風ハウスのトーテンポールAll Rights Reserved.
潮風ハウスのトーテンポールAll Rights Reserved.
潮風ハウスのトーテンポールAll Rights Reserved.

潮風ハウス。
 
うちらがそう呼んでいるだけ。
房総の潮風をたっぷり浴びてる小さなグラスハウスなのだ。
 
「駅前の道を海に向かってまっすぐ。
まっすぐ、まっすぐ、不安になったら左。
そうするとトーテンポールが見える・・・・そこ右・・・」
えっトーテンポール?
ハウスのオーナーは、はじめての僕に道案内してくれた。
 
しかし・・・まっすぐ、まっすぐ、不安になって左へ曲がると頼りのポールがいない
 
「この間、ケーブルテレビの工事車両が根腐りのポールを引っかけ
経年根腐りポールは「ポキッ」とも言わず倒れちまった。」
ポールは引っ掛けた工事のトラックに載せられ、その日のうちに処分したと・・・
 
ポッポール!
 
これが潮風ハウスオーナー勘九郎との初めての会話だった。

Taken with the iPhone