ものすごくうるさくて、ありえないほど近い

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い [DVD]All Rights Reserved.

 

スティーブン・ダルドリー監督のアメリカ映画である。

原作はジョナサン・サフラン・フォア氏であった。

1977年米国生まれの様である。

先日手嶋龍一氏の「ブラック・スワン降臨―9・11‐3・11インテリジェンス十年戦争」を読み終えた。

「ネプチューンの槍作戦」を遂行したのは

アメリカ合衆国海軍の特殊精鋭部隊の「SEALS」だったそうだ。

その標的の彼のコード・ネームは「ジェロニモ」だった。

2011年の5月の始まりの辺りの事であり、躑躅だ。

僕がちゅうちゅうして面白がっていたのは何十年前の事であろうか?

その地はパキスタンであり首都イスラマバードの北50Kに位置する

アボタバードだったそうである。

この地に僕が行った事は、無い。

その作戦は成功したのであろう。

僕はこのタイトルの「映画」が好きなんだ。