ドラゴン・タトゥーの女

 

ル―二―・マ―ラ主演のアメリカ映画である。

彼女がリスベットを演じリスベットが

「The Girl with the Dragon Tattoo」

であった。

そのリスヘッドに僕は勇気を感じた。

本当である。

皮肉でもない。

「励まされた」と言っても良いし

「癒された」と言っても過言ではない。    

監督はデビット・フィンチャーである。

本日ユナイテッド春日部で観て来た。

原作はスウェーデンの

故・スティーグ・ラ―ソン氏であった。

作品の舞台も同様であった。

北欧の寒を僕は想像出来ないな。

VOLVOとかSAABの

乗り心地も知らないしポテンシャルも知らない。

 

2012年が「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」と

記されていたのは手嶋龍一氏であった。

干支のお話し?

関係無いな。