Mission Impossible Ghost Protocol

「ドバイって凄いよ。行ってみなよぉー」
と僕が言われたのは去年の秋の事だった。
東京発の西へ向かう東海道新幹線の車中で、だ。
僕にそう言ってくれた彼の国籍は中華人民共和国だ。
彼の家族も僕の目的地も京都だった。
彼は[ACCOUNT]というお仕事で
この惑星のあっちこっちに行っているみたいだった。
一か月程の休暇を日本でのお楽しみだった様だ。
京都に向う以前は北海道を回ってきたらしく
「毛蟹が美味しかったよぉー」と、嬉しそうだった。
「上海蟹」を僕は食べた事がないのよ
と言うと彼は凄く残念そうな面持ちであった。
「一度御召し上がり下さい」オーラが出ていた。
さて、この映画作品だ。
2011年12月国内公開の米映画である。
トム・クルーズ主演でブラッド・バード監督だ。
面白かったなぁ。
砂漠から都市が現れるシーンは凄かった。
ドバイには世界一高い建物が在る。
「ブルジュ・ハリーファ」という名称らしい。
そこで「どったん・ばったん」
やってくれたのはトム・クルーズだった。
硲敏彦情報によるとMITの伊藤さんの自宅があるそうだ。
僕はこの方を知らない。
チェックの要があるな。
今夜はゆず湯に浸かりたい。
これから日中の時間が長く成り始めますね。