ブラック・スワン

ブラック・スワン (ナタリー・ポートマン 主演) [DVD]All Rights Reserved.

痛々しく僕には感じられた作品なのだけれども・・・。

「マチルダの主演のヤツでしょ?」みたいな話を
この作品について僕の周りの人々と交わした。
問わず語りだ。
その人々はある括りの限定?かな?
それなりに話題に成っている作品なんだなと思ったと同時に
みーんな「レオン(リュック・ベッソン監督・1994年・米)」
レオン 完全版 [Blu-ray]
観ていてマチルダでナタリー・ポートマンの事を
記憶しているんだろうなとも感じた。

ナタリー・ポートマン主演ダーレン・アロノフスキー監督の
2010年度のアメリカ映画である。
先日ユナイテッド・シネマ春日部で観て来た。
僕の「3・11」以来の久し振りの劇場鑑賞作品であった。
別に自粛していた訳ではないのだ。

村上龍氏の「心はあなたのもとに」
心はあなたのもとに
(文藝春秋社・2011年3月25日第一刷発行)
とかその他もろもろ沢山在ったからだ。
御近所にオープンしたタイ料理のレストランにもお伺いしていたりしたし。
ミッキー・ローク主演の同監督の
「レスラー(2008年・米)」という作品には
DVD自宅鑑賞だったが僕の心持ちを良くも悪くも解らないが揺らされた。
「好きか?嫌いか?」という事だと思うんだけどその揺れ幅がこの作品の偉大さだ。
この作品と前回の「レスラー」という作品は僕の感じた所では重なる。
ダブるって事だ。
「何が?」ってのは僕は言語化出来ない。
タイトルの作品を「僕は好きなんだ」って事で「お茶をにごす」です。