十選

「Tommy(1976・英)ケン・ラッセル監督」
小学生の頃の僕には刺激が強すぎました。

「ブルース・ブラザース(1980・米)ジョン・ランディス監督」
一度くらい彼らとおんなじカッコで街に出てみたいな。

「シド&ナンシー(1986・英)アレックス・コックス監督」
ゲイリー・オールドマンという方の名前を知れて良かったんです。

「コミットメント(1991・英)アラン・パーカー監督」
アイルランドのダブリンが舞台でした。
一度行ってみたい街の一つなんだよなぁ。
・・・・・・・

まだまだつづきます!
つづきは

「ロックな生活 – ロックな映画十選」
です!