ライトスタッフ

ライトスタッフ スペシャル・エディション [DVD]All Rights Reserved.

サム・シェパードがやっぱりカッコ良かったのである。世界で始めて音速の壁を破ったアメリカ空軍のテストパイロットチャック・イェーガーを演じていた。サム・シェパードが機体を見つめる眼差しは素敵だ。ビル・コンティの勇ましくなり過ぎないスコアも大好きだ。「午前十時の映画祭・なんど観てもすごい50本」という企画の中での一本でMOVIXさいたまにて鑑賞。

ガムは噛まなかったけれども。リドレーとチャックはとっても仲良しだろう。チャックに頼み事をされる時のリドレーの嬉しそうな感じが僕は堪らないのだ。牛肉の焼き加減はミディアム・レアなのだ。フイッリプ・カウフマン脚本・監督の1984年度公開のアメリカ映画である。原作はトム・ウルフ(米・1979)の同名のノンフイクションである様だ。

今回のヴァ―ジョンは193分の完全版であった。そう、1963年5月15日の晴れたその日にゴードン・クーパーはきちんと彼が言った通りに彼が「THE GREATEST PILOT ANYONE HAD EVERSEEN」であったのだった。その彼が7人の中には選らばれ無かったが「最も偉大なパイロット」と感じた人こそ・・・・・。第二次大戦終了後のこの世界の覇権を争う背景が見え隠れしていた。熾烈な諜報戦も繰り広げられていたのだろう。ごくごく最近にこのフィールドで凌ぎ合う人々達の交換劇を僕はどの様に見つめれば良いのだろうか?