おいなりさん

突然、ふと、何故か食べたくなる品である。
「油揚げは偉い」。
その偉大さの一つは「袋」として色々な物を詰める事が出来る事である。例えば「卵」とか「おもち」とか「蕎麦」なのだ。しかし、スタンダードはやはり「お米」だろう。

前回の「茄子と黄瓜」に硲敏彦から解説のメールが来た。「ブツ」は「泉なすときゅうりの糠漬け」との事である。彼の「茄子」に対するパッションはすこぶる熱い。今頃のこの時期の泉州水なすはどうしても食べたくなってしまうそうだ。二つ購入して塩漬けと糠漬けでお楽しみだった様だ。これからの上信越の「水ナス」にも彼は期待を膨らませているのだ。この「おいなりさん」も「MADE BY 硲敏彦」である。

今回も僕は「おしゃしん」だけだった。
「おしゃしん」では食べる事ができないのである。
「うみゃー」と思わず照れながらも自分で言ってしまったらしい。

独り占めしてはいけないだろーがっ!!