MARCH 2009 WINTERREISE 5

こちらの街を歩いていて様々な人々のTATOOが気になった。

何故かと言えばそのTATOOが「漢字」だったからである。

最初に「あれっ?」とか思ったのは5th AveのGAPの店員さんの

首の後ろの左側と右側に「努」と「喜」が入れられていたのを

見た時だった。

彼ははっきりとは解らないが中南米系の方かな?と僕は思った。

100909_0754_MARCH2009WI1All Rights Reserved.

この夜は「CHICAGO」をアンバサダー劇場で独り鑑賞であった。

TADAO KUREBAYASHI はオペラには足を運ぶそうだが

「ミュージカル」はあまり行かないらしいのだ。

陽が落ちてから彼と待ち合わせ

「取りあえず、少し引っ掛けてからの方が良くない?」

とシアター近くのBARでスペインのスパークリングをショットで頂いた。

カウンターの内側でせわしく動いている女の子は

「ポーランド系の人だろうね」とか言いながら

オリーヴ・オイルが掛けられ、フレッシュ・バジルが散られた

フレッシュモッツアレラとトマトを食べた。

カプレーゼである。僕の好物の一つだ。

100909_0754_MARCH2009WI2All Rights Reserved.

開演時間が迫って来たのでお店を出て劇場の前で彼とは別れた。

劇場の中に入って様々な人々の期待の為の柔らかい喧騒を抜けて

クロークにバッグとダウンジャケットを預けた。

担当の彼女は20代の中程くらいで

白いお顔がとても小さくて容姿はかなり細かった。

ロシア系の方かなと思いながら

「日本から来たんだよ。映画が面白くて舞台も見たかったんだ」

と通じたのかは解らないが英語で言ってみた。

彼女の「ENJOY!!」と言う言葉と供に彼女のニッコリが返って来た。

100909_0754_MARCH2009WI3All Rights Reserved.

ボヴ・フォッシー監督作品の最初の出会いは

「レニー・ブルース(74・米・ダスティン・ホフマン主演)」だ。

そして「オール・ザット・ジャズ(79・米・ロイ・シャイダ―主演)」

でやられてしまったのである。

もう、25,6年まえの話だ。

その当時活字を追えば監督はどうやら

舞台の方の演出が本業らしく振付けも担当しているとの事だった。

監督の没年は87年だ。

上演が終わってクロークに行くと何となく彼女は僕の事を覚えていたらしく

「どうだったの?良かったでしょ?」みたいな事を言っていた気がする。

僕は多分にテンションが上がっていて

「グレイトとかブラボーとかハッピーとか

ワンダフルとかパーフェクトとか」言っていたと思う。

彼女が僕の事をはしゃぐ子供の様に見つめていた視線は、覚えている。

番号の入ったチケットを彼女に渡して彼女が振り返って奥に

引っ込んだ時に彼女の短いTシャツとデニムのパンツの間が

必要以上に空いているのに気が付いた。

腰から背中にかけての剥き出しの白い肌が見えた。

もしかしたら僕が思っているより彼女は若いかもなぁーと思ったその時に

「笑」と「愛」という漢字がデニムとTシャツの隙間の

腰の辺りから見え隠れした。

ここもTATOOを入れて回りの人々の視線の届く場所なのだろう。

彼女が戻って来てジャケットとバッグを受け取りながら僕は

「KANJI?」と呟いた。

彼女はこぼれ落ちそうな笑顔で彼女のお父さんのフレンドに

JAPANESEがいてその人に聞いて入れたそうだ。

「あなたもJAPANESEだから意味は解るでしょ?」

とも言っていた気がする。

僕が勝手に感じた事なのだけれども二文字ではバランスが悪そうだ。

縦のデザインで考えれば三文字か五文字のだろうな・・・と思った。

僕は僕が見る事の出来なかったこの二文字以外の漢字をこれまた勝手に

想像した。

彼女と僕がしっかりと仲良くなれば ライブで拝見させて頂ける事が

あったかもしれない。

でも僕がそんな幸運に巡り合える事は有り得ないのだ。

現在でも残りの一文字と三文字をふと考える事がある。

「優」とか「福」とか「美」とか「礼」とか「義」とか

「良」とか「勇」とか「慈」とか「心」とか「情」とか・・・だ。

これはこれで僕の勘違いであの二文字だけだったかもしれないのだが・・・。

ボブ・フォッシ―という方の名前は

TATTO以上に僕の内側に既に刻み込まれている様な気がする。

100909_0754_MARCH2009WI4All Rights Reserved.

ブロード・ウェイのネオンが無駄ではなく美しく感じられた夜であった。