孟秋

今年の秋刀魚は僕が思うに去年よりも
ナイス・ヴォディで油が乗っている様な気がする。

本日の時点で、トータルで既に5本は食べていると思う。
例年に比べればかなりのハイ・ペースだ。
刺身、塩焼き、生姜煮などで食している。
ただただ、美味しいからだろう。

本日はオフでだらだらとしていて
枕に仲良くして貰ってほぼ一日自宅でコロコロしていた。
涼しくなったからだろう。
先月だったら暑くて出来なかったのだ。

因みに今は、いきものがかりの「YELL」を聴きながらである。
多分「エール」を贈りたい奴らが近くに最近多いって事なのだ。
You Tubeに提供されたPVらしき物である。
暫くすると削除されて観れなくなる気がするので
ひやっかい位は観て聴いておこう、とか思っている。
このPVの薄暮の感じは凄く伝わって来る。
超・良い感じで嬉しいのである。

余談になるがマジック・アワーでは無いと思う。
マジック・アワーの時間は、本国に於いてはかの国と比べると
時間そのものが「かなり短い」と以前にどっかの雑誌の文章で
目にした。「マジック・アワー」に絡んだ僕の記憶や国外の
映画はまたの機会にする。

コロコロしながらコーエン・ブラザースの
「バーン・アフター・リーディング(08)」をDVDで観た。
本日の僕のオフ・脱力モードにぴったりでかなり笑わして貰った。
御出演の方々のその巧みさと丁寧さには、参った。
みーんな良いんだけれども僕はブラッド・ピットの
「アホンダラ加減」が特に好きだ。

「凛々しさ」の欠片も顕微鏡ですら見つめる事が出来ない所が
良いのだ。今まで僕があんまり相性の良くなかったコーエン・
ブラザース作品ではあるのだが・・・。

「ノー・カントリー(07)」は好きだ。
この後の作品であるが次回作の期待も膨らむのだ。
僕の目に映る田圃のその穂先はほとんど刈り取られてしまった。
今年の新米への期待も同様だ。

さて、今年の一発目は何で頂こうかな?