居酒屋・楽里・一周年

おめでとう!!

彼のお店が一年経過という事で先日、硲敏彦とお伺いした。

僕は開店祝い以来なのだ。

まぁ、これはこれで仕方ないのだ。

 

硲敏彦の方は看板やチラシを造ったり食材を調達したり

何や彼やと、お手伝いしていた様だ。

なかなか良い奴だと、思うのである。

 

僕と硲敏彦が「今晩わぁー」と店に入ると

約束どおりにY君とK君が居て既に始めていた。

彼ら二人も僕達と同じ昭和38年生まれの奴らだ。

中ガッコの同級生である。

「元気だった?」とか「久し振りぃー」とか「何から行く?」とか

言いながら生のジョッキをコツンと合わせた。

 

店主の彼はサクラでも縁故でもない純粋なお客様と

お話をしながら手を動かしていた。

彼のなかなか良い佇まいであったのだ。

 

Y君は偉い。

酢橘をお土産で持って来ていたのだ。

秋刀魚の刺身にこれが良かったのだ。実は初体験である。

鰯や鯵や〆サバやコハダの酢〆とも相性が良さそうだ。

今度我が家でもやってみよう。

 

K君とは随分とあいだが空いていた。

K君は僕のUNIQLOのワン・ウオッシュの濃紺のT-000を見つめ

「501を穿いて来ると思ってたよ・・・」

と、寂しそうに呟いた。

なかなか嬉しくなる「しょっぱなのジャブ」である。

 

「ゴメン、すまん、時代に魂を売ったんだ」と答えた。

彼は少し吹き出してくれたのですべらなかったなと、一安心であった。

 

K君は見事なロンゲで耳をすっぽり隠して毛先が肩まで届いていたほどであった。

先日観た「20世紀少年・最終章」のケンジ君よりは少し短かったのだが

ケンジ君の様にぼさぼさではなく、ブラシ通りが良さそうだった。

 

4人の会話に登場した、人物名、地名、固有名詞・・・などなど。

 

「木ノ内みどり、水沢アキ、GORO、千昌夫、浜田朱里

ジェフ・ベック、エリック・クラプトン、ボヴ・マーリィー

ジム・モリソン、ジャニス・ジョプリン、ジミー・ヘンドリックス

ドアーズ、ボヴ・ディラン、T‐REX、松山千春、THE BEATLES

POPEYE、ジャック・パーセル、オニツカ、CONVERSE

PUMA、にけ、adidas、蓮根、ほっけ、チキンナゲット

コッポラ、THE END、卒業写真、コーヒー・もう一杯

ぐてん・ぐてん、LEVI’S、BIG‐JOHN、EDWIN、

BOBSON、Lee、Wrangler、アバクロ、EVISU、

岡山、ジャマイカ、ロンドン、オランダ(アムステルダム)

HONGKONG、TAIWAN、Made in USA・・・・・

 

敬称略で失礼しました。

当然全てではないのだけれども僕らのそれなりのキーワードの様な気がする。

 

充分にくつろげた、と僕は感じた。

硲敏彦もK君もY君もそうだったに違いないだろう。

店主に感謝せねばならないのである。

「もう、出入り禁止だからな」

とかのメールは本日現在入って来てはいない。

メニューの内容も随分と濃く成って来ていて

また、行かねばならないのである。

 

次回は「501」で行かないとマズイのかな?