ワールド・オブ・ライズ

手島龍一氏の「ウルトラ・ダラー(06)」の映画化も
そんなには遠い話では無い様な気が僕には、した。
この作品を観たら・・・。
何処かで何方かが動いている気もする・・・。

ワールド・オブ・ライズ
先週の土曜日に浦和美園のシネコンで観て来た。
リドリー・スコット製作・監督
レオナルド・ディカプリオ、ラッセル・クロウ共演の
2008年度のアメリカ映画である。
原題は「BODY OF LIES」で米国の
デイビット・イグネイシアス氏の著作である様だ。

こちらの方の経歴と原作がとてもとても気になる僕である。
ヨルダンの子供達も母親の手料理よりも
ハンバーグやスパゲッティの方が食べたいのだろうか?
また、同国において男女が人前で握手をするという
行為はどの様な意味を持つのだろうか?
これも気になる。

劇中のディカプリオ演ずるフェリスが自分の体に突き刺さった
バッサームの砕け散り、粉々になった骨を見つめる
眼差しはとても優しい。
TRUST NO ONE、DECEIVE EVERYONE
カッコ良いコピーだ。
御見事な作品である。
洗練された大人の方々が作る物は
こういう作品なんだろうな。