ゼア・ウィル・ビー・ブラッド

「取り込まれる事」を絶対に拒否したい「奴」や「奴ら」に対して

これからの自分の将来において「大切な事」の為に

「取り込まれる事」を受諾しなければならない時があると思う。

そして辛抱とか我慢とか忍耐とか堅忍とか穏忍とか耐乏とか

しなければならない状況になったら

「パイプライン・・・。パイプライン・・・」

と、僕は多分、おそらく

「音」にはしないで心から叫ぶだろう。

それで、何とか、その瞬間を遣り過ごせる様な気がする。

「大切な事」と叩けば見て呉れの字面は善いかもしれないが

それは間違いなく僕の「欲望」以外の何物では無い。

ポール・トーマス・アンダーソン製作・脚本・監督の

2007年度のアメリカ映画である。

今月の初めに浦和美園のシネマ・セレクションで観て来た。

原作はアプトン・シンクレア氏の「石油(1927)」だそうである。

僕は未読です。

「どぉーん」と僕に響いて

「どっかり」と僕の心持ちに腰を据えた映画だった。

鑑賞していて僕はとても辛かったし、結末も峻烈に感じられた。

それでも僕はこの作品が思いっきり好きだ。

僕の過ごしている世間という所には「天国」も「地獄」も常に在ると思う。

そこで「良い人」とか「悪い人」とか

「普通の人」とか「変な人」とか、呼称されながら

僕は日々を過ごしている、と、思う。