東京物語

「絶対に泣かないぞっ」


と、決意して深呼吸をしてからシートに着いた。


この作品を初めて鑑賞した時の僕の「衝撃」を

僕は未だに言葉に出来る術を持っては、いない。


All Rights Reserved.


この作品は二十歳の頃に銀座の並木座で初めて観た。


並木座というのもとても素敵な名画座でこの頃に随分と

お世話になっていたのだけれども98年の9月に閉館している。


寂しいとは言うまい。


悪意も善意も無い時の流れであろう・・・と、僕は思う。



「衝撃」というのはあくまでも僕にとっての物で内容が

センセーショナルであるとか過激であるとか

禁忌に触れているとか描写が凄まじいという事ではない。



やっぱり僕には僕のこの「衝撃」についてはキーボードを叩けない。



小津安二郎監督の昭和28年(1953年)の作品である。


脚本は監督との協同の物で、供に同じ時を過ごしたであろう、野田高梧氏である。


御出演の方々もその様な人々であろう。


ここで御出演の方々のお名前を全て列挙したいが

そんな事をしてしまったら映画館で

ヤセ我慢して堪えた物が止めども無く

あふれて来そうなので止める。



この作品がこの惑星にとって財産である事は間違いが無い。