葡萄酒か、さもなくば銃弾を

葡萄酒か、さもなくば銃弾をAll Rights Reserved.

手島龍一氏からメールが来た。
この様な誤解を招く記述はここ「南方」に於いては
絶対にしてはならない。
「て・に・を・は・を間違えた」とか
「言葉が一つ足りなかった」とか
「説明が行き届かなかった」などと
照れながら申し訳無そうに弁解しても
決して許されてはいけない事である。
僕がよくしてしまう「誤字・脱字」は実は本当に恥ずかしい。
冒頭からやり直させて頂きます。

手島龍一氏のオフィシャル・サイトから
「葡萄酒か、さもなくば銃弾を」
と言う作品の発刊のご案内のメールが来たのである。嬉しかった。
「ウルトラ・ダラー(06)」を先日読み、あまりの面白さに
オフィシャル・サイトを拝見して氏の活動の御案内とお知らせを
送って頂けるようにファンクラブに入会したのである。

「こいつは地球が丸い事すら解ってない」とか
「こいつは存在自体がこの惑星にとってマイナスだ」とか
「こいつはインテリジェンスの意味を勘違いしている」などと
このサイトを運営する方々のチェックで、
僕にはメールが来ないでは?
という不安が有ったので無事にメールが届いたので安心した。

国際政局の最前線で活躍する29人の 人物の渾身のルポルタージュだそ
うである。ウィキペディアや辞書のお世話になりながら水前寺清子さん
の「365歩のマーチ」の歌詞の様にページをめくる事になりそうなの
は目に見えてはいるがチャレンジしたいと思う。