帰郷・番外編・その3

腹ごしらえが終わった僕は一本杉通りに向かった。

観光案内所で「歩いてみると面白いですよ」と言われたからである。

ここで初めて和蝋燭の存在を知った。

011908_1055_31All Rights Reserved.
All Rights Reserved.

炎の付いた和蝋燭を今回見る事は無かった。

その炎はとても柔らかい空気を醸し出すそうである。

All Rights Reserved.