スタンド・バイ・ミー

スタンド・バイ・ミー コレクターズ・エディション [DVD]All Rights Reserved.

気が付けば梅雨が明けている。
もう夏である。十分に夏である。
卵豆腐やトコロテンが一段と美味しく感じられる今日、この頃である。
刺身コンニャクもこの時期が僕的には旬である。
山葵醤油で頂くのも当然OKであるが酢味噌で頂くのも
言うまでもなく素晴らしい選択である。

ゴールデンウィークからこの2ヶ月が凄く早かった様な気がする。
暑かったせいなのだろうか?
梅雨寒の様な物を今年はあんまり感じられかった・・・。
今年の夏は暑いのだろうか?
梅雨に雨が少なくて梅雨明けがモタモタしなかった年は
暑い夏が多い様な気がする。
この時期に僕はクリスの切ない表情が観たくなる。
キャッスル・ロックという街のメールボックスがバットで
はたかれる季節でもある。
メールボックスも本当にいい迷惑でありお気の毒である。

「スタンド・バイ・ミー」の事である。
ロブ・ライナー監督の86年の作品で
原作はスティーブン・キング氏である。
リヴァー・フェニックス・・・。
彼みたいな奴・・・・。
とりあえずここでは「スタンド・バイ・ミー」の時の彼の事である。
誰にでも奴の様な存在は近くにいたのではないのだろうか?
「何かお前って実はすっごい大人じゃん?」、
フッと思わせてくれた奴が・・・。
僕は男の子同士のこの頃を描いた映画は凄く弱い。

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」
(セルジオ・レオーネ監督・84年)のガキンチョの頃の
パートはとても好きである。
弱いと言うかウィーク・ポイントと言うか眼差しが
スィートになってしまうと言う事である。

深夜に自宅にて

「スクール・オブ・ロック」のエンディングの曲を聴きながら。